ビジネスで役立つ名刺デザインの3つの法則

名刺交換する人
ビジネスで役立つ名刺のデザインには実は3つの法則があります。
これに気づいてない名刺を使っていると「ただ配っているだけ」でビジネスにつながりにくくなります。あなたの名刺は3つの法則を押さえてますか?

 

<目次>
その1:覚えさせる・思い出させるための写真
その2:デザイン性より見やすさ
その3:プライベートの共有

 

その1:覚えさせる・思い出させるための写真

写真を載せるのは恥ずかしいと言われる方も多いですが、恥ずかしがっていては仕事は取れません。写真を載せるのに、履歴書のような硬い証明写真よりは、「あなたがどう見られたいか」をイメージした写真の方が意味があります。

初対面の時は、相手の情報がありません。
なので「こちらが相手に思ってもらいたいイメージ」を演出できれば、そのイメージを相手に強制的に覚えさせることができます。

名刺交換をした時に、相手の目に入ってくる情報って一瞬です。
その時に写真で印象付けることができれば、思い出してもらいやすくなります。

例えば、目の前にもらった名刺を10枚並べた時に、写真のある・なしで思い出せる情報量が違ういませんか?写真がトリガーになって話した情報や仕事内容が思い出されるのです。

 

その2:デザイン性より見やすさ

ついつい、かっこいい・おしゃれなデザインを考えてしまいますよね。
極端な話ですが、デザイン性を重視するあまり「何をやってる人か分からない」「文字が見にくい」となってしまうことがあります。

デザイナーみたいに「自分のセンスを知ってもらう」にはデザイン重視でいいと思いますが、多くの人は違います。
・ターゲットの年齢・性別に合わせた色使い、文字の大きさを考える
・何を提供してるかを、強みも踏まえたキャッチコピーで伝える
・名前にはふりがなを振って、連絡先はわかりやすい位置に


要するに「相手に優しい名刺」にすることが大切です。もらった相手が知りたいことは限られています。
それをちゃんと伝えられるように細かな配慮が必要です。

「見にくい名刺」は「醜い名刺」になって見向きもされません。
 

その3:プライベートの共有

前述しましたが、初対面は相手が何者なのか分かりません。
なので会話の中で相手の情報を聞き出したり、探ったりしていませんか?
人によってはどこまで踏み込んだ話をしていか迷ってしまい、会話が盛り上がらないことも。

そんな時に、こちらの「プライベートな情報」が名刺に載っていれば、相手はそこに関心を持ったり、共通の話題があればそれについて聞いてきます。あなたが話題を振らなくても、相手が自分の興味・関心のある「共通点」を見つけて色々と話始めます。

こちらから心を開いて情報を提供することで、相手もそれを見て心を開きやすくなります。苦労話やマニアックなことの方が共通した時に一気に距離が縮まります。これは「共通点マジック」と言われており、相手のことを何も知らなくても「共通点」があるだけで親近感を持ち、話が盛り上がる傾向にあります。例えば、知らない土地で同郷の人に出会ったら、相手のことを何も知らないので親近感持ったりしませんか?それと同じ効果です。

 

まとめ

・相手に思ってもらいたいイメージ写真
・相手に優しい名刺デザイン
・共通点マジック

この3つを押さえているだけで、今後の名刺交換の相手の反応が変わりますよ。
名刺は初対面の人に渡すビジネスツールです。
初対面の人はあなたのことを知りません、なので印象操作することが可能なのです。
ウソはいけませんが、あなたを信用させるような情報や話題にしたい情報を記載すれば、相手との会話はあなたの思い通りに進みます。

心理学を取り入れた名刺は怖いですね。