起業と名刺。スタートダッシュは名刺で変わる。

セミナーなどで多くの方にお会いする中で「起業を考えている方」によくお会いします。
いろいろお話を聞いていると、自分のやりたいことや夢は語れるけど、具体的なビジネスの拡大方法までは考えれていない方は多いです。起業前なのでそれは仕方がないことですが、それを考えずに起業するとけっこう苦労します。
 
会話する男女

起業してすぐに効率よく営業をするために
まずは、自分のビジネスの「強み弱み」「他者との違い」「3年先のプラン」までを考えてみましょう。「3年先のプラン」と言われてもピンとこないと思いますが「こんな風になっていたい」という目標で構いません。それを「売り上げ」や「獲得顧客数」など数字に落とし込んでみましょう。そうすることで、逆算していけば具体的な数字の目標ができます。

数字を書き出してみて最初に思うことは「これは無理だろうな〜」というネガティブな感情だと思います。ほとんどの方が起業前は自信がないので、夢と数字のギャップに落胆します。落胆してやる気がなくなるくらいなら起業しない方がいいですね。マイナスな部分を見るのではなく「どうやったらこれがクリアできるか?」の具体的なアイデアを脳みそに汗をかいて考えます。

例えば
・お金が足りない→日本政策金融公庫で借りる
・人手が足りない→協力してくれるパートナーを探す
・同業他者が多い→ブランディングして独自性を出す
・アイデアに乏しい→交流会などに出て多くの人から話を聞く など

「できない理由」を延々考えるより「できる可能性」をひたすら考えて行動することでしか先には進めません。やる前から諦めるのはナンセンスですよね。


誰に会って、どうなりたいのか?
いろいろとアイデアを考え行動しようとすると必ず「人」に会いにいきます。顧客なのかビジネスパートナなのかメンターなのか、会いたい方は人それぞれ。その人たちとあなたは「名刺交換」を必ずするでしょう。前にも書きましたが「名刺は販促物」で「名刺交換は、初対面の人に無条件であなたのことをプレゼンテーションができる最高の瞬間」なのです。

起業したての方の名刺には「名前・連絡先・屋号・業務内容程度」のことしか書いていないことが多いです。プレゼン資料というには準備不足ですね。


会話はプライベート、名刺にはビジネス
怪しい人から商品を買わないのと同じように、初対面の人からいきなり商品を買うことは少ないと思います。ただし、例外があって初対面でも「信頼関係」が作れれば商品を買ってくれます。なのでまずは信頼関係を築くことが購入・契約までの近道です。

信頼関係を築くには「共通点」「共通した経験」のことを話すのが一番です。その呼び水として、名刺にプロフィールと一緒にそれを記載しましょう。ちょっと変わったものの方が話が盛り上がるのでオススメです。

あとは「あなたが何者か」を明確に記載しておきましょう。例えば、私は「名刺の専門家」と名乗っています。デザイナーや印刷屋ではなく「名刺の専門家」と名乗っているには理由があります。誰かが名刺のことを考えたときに私の顔がすぐに浮かぶようにさせるためです。そうすることで紹介や口コミが広がりやすくなります。



誰でも簡単に実践できる「名刺営業」をしているのとしていないのでは、半年後にかなりの差がでてきますよ。起業前に名刺を作りこむことは、ビジネスを成功させる近道の1つと言えます。

もし、あなたが名刺のことで悩んでいたり、もう一つ上のステージに行きたいとお思いなら福岡で名刺セミナーを行いますのでお越しください。目からウロコの情報を得ることができますよ。

名刺の専門家が教える 必殺!名刺セミナーin 福岡
【日時】8/25(木) 13:30〜15:30
【場所】福岡市中央区 天神4丁目8−2 天神ビルプラス8F 

【主催】CURIOSITE
【共催】一般社団法人 中小企業事業推進機構

※本セミナーでは、(社)中小企業事業推進機構及び(社)女性起業家スプラウトのメンバーさんは参加費の割引があります。


facebookのイベントページはこちら>>