好感度アップ!名刺交換の3秒ルール

異業種交流会や勉強会で名刺交換をする機会がよくありますが、皆さんは名刺交換をしたあとはどんな風に話しをしてますか?相手の話しをひたすら聞く?それともひたすら会話が切らないようにしゃべる?
 
どちらが正解と言う事はないのですが、「相手に好かれたい」なら少なくとも「話しを聞く」ことを心がけましょう。
 
3秒ルール
 
 
 
会話全体のうちに話した割合によって好感度が変わる
アメリカの心理学者がこんな実験をしました。

話す=70%(ほとんどしゃべりっぱなしですね)
話す=50%(適度にバランスよく話してます)
話す=30%(相づちを入れて一言返しくらいです)
 
では、上記の3パターンで好感度が高かったのはどれでしょう?
最も好感度が高かったのは「話し=30%」の人でした。
 
でも、この人はただ黙ってたわけじゃありません。
しっかり聞いて、タイミングよく、的確に会話の答えを返しただけなんです。
 
コツは相手の発言の後に相づちをうって「3秒間待つ」
そうすると、相手に話しの続きがあるなら「それでね、、、」と話しを続けます。5秒待っても話しが始まらない時は、相手が「何を話そうかな?」と考えていることが多いので、こちらから話しをふるか会話を終わらせて移動しましょう。
 
名刺交換しただけで好感を持ってもらうに「聞く3秒ルール」を上手に活用しましょう。