口コミを発生させる名刺ブランディング

ブランディングとは
顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動ブランド特徴競合する企業製品との違いを明確に提示することで、顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。
 
名刺ブランディングとは簡単に言えば、名刺であなたが何をしている人なのかを明確に伝えることです。
 
各々得意な分野や強みがあるはずなのに、それが打ち出されてなくて他社と同じように見られてしまう。
 
もったいないですよね。
 
強みや得意分野を明確にして、名刺に記載することでお客様の頭にはそれがインプットされます。
 
そして、お客様の知人や友人があなたの得意分野のことで困っていることがあれば「知り合いにこんな人がいるよ。」とクチコミをしてくれます。
 
ただし、お客様とあなたの信頼関係ができていないとこれは叶いません。
 
信頼関係を築く最初の一歩は
 
「あなたのことを知ってもらう」
 
お客様は商品や金額よりも「あなたが信頼できるか」を見ています。
ノドから手が出るほど欲しいオンリーワンの商品なら話しは別ですが。
 
そして、そう言う考え方をお持ちのお客様は信頼をしてくれると、ことある事にクチコミをしてくれやす傾向があります。
 
では、初対面の人に自分を伝えるにはどうしたらいいか?
 
そう、最初にお客様に渡す名刺がカギなのです。
 
名刺にあなたのことを色々のせる事で、会話のキッカケ作りや価値観の共有など信頼関係を作ることができます。
 
何をのせるかは、あなたがターゲットにしているお客様層が反応してくれそうなことを考えてみてください。
 
名刺1枚で色々変わりますよ。