step2.勝手に営業してくれる?!名刺はあなたの分身

名刺交換は初対面の人へアプローチする最高のチャンス。でも、名刺を渡した後に、いきなりチラシを渡されたり、5分間相手の話を聞かせされると気分悪いですよね。

「いきなり売り込み。。。」と思うでしょう。

しかし、そんな気分にさせることなく自然にアピールすることができるツールがあります。「名刺」です。

 

書いてある内容がチラシと同じでも、名刺の型をしているだけで印象が違います。名刺交換を拒否されることって滅多にありませんし、もらって貰えないこともありません。

ただそれに気付いていない人はけっこういます。裏が白紙、会社名・住所・連絡先・名前しか書いていない、すごくオシャレなデザインだけど何をしているか分からない。名刺フォルダーを見れば7割がそんな感じ。

非常にもったいない!何のために名刺を渡しているのでしょう。

 

名刺は消耗品ではなく、販促品です。

コストをかけている以上、リターンがないと意味がありません。渡しても忘れられては出逢っていないのと同じ。

名刺はあなたの分身です。何をしていて、何が得意で、どんな人なのか。その場で話題にならなかったことでも、相手が後から見れば名刺はあなたの代わりに色々なことを伝えてくれます。

まずは、相手に覚えてもらうこと。名刺を見ただけで、あなたのことが分かり、あなたと付き合うことでどんなメリットがあるのか。口でそれを説明するのは難しいですし、相手が望んでいなければ押し売りでしかありません。でも名刺に書くことで、自然に伝えることができるのです。

勝手に営業してくれる!名刺はあなたの分身