あなたは気づいてる?営業マンの3つの心得

どんな企業にも営業は必要ですよね。

商品・サービスはいいのに、営業力がなくて世に出ないまま埋もれている企業も多々あります。
 
闇雲に商品・サービスの説明をして押せ押せでもいけないし、だからと言ってパンフレットだけ渡して黙っているだけでは何もなりません。
 
営業マンなら気をつけておきたい3つの心得をまとめてみました。
 
名刺ビズ
 
1、まずは聞く
商品・サービスの説明をして「弊社はこんなにすごいんですよ〜!」とアピールしたいのは良く分かります。ただ、的外れな説明をしてもあんまり効果はありません。ヒアリングでニーズを聞き出してそれを解決して、さらにその上の提案をすることが効果的です。
 
2、お客様はあなたの鏡
人は不思議と同じような人が集まります。「類は共を呼ぶ」と言いますが、これは既存客にもそう言えます。イケイケな営業マンにはイケイケな顧客が。真面目な慎重な営業マンには真面目で慎重な顧客が付きやすい傾向にあります。もし、既存客が理想の顧客で無いのであれば営業スタイルを変えてみると新たな顧客が発掘できるかもしれませんね。
 
3、行動あるのみ
ある程度の計画・推測は必要ですが何事も行動を起してみないと分かりません。予想外のことが起る事もあるし、ラッキーなこともあります。頭で考えて勝手に答えを出す前に、良くも悪くもどんなことが起こりうるかを考えて行動に移せば、だいたい対応できます。考えているだけでは数字が上がりませんよね。
 
営業マンは数字が命!
3つの心得を気にとめながら、あなたに合った営業スタイルで効率よく契約を取っていきましょう!