仕事を増やすための名刺

名刺にはいくつかの種類があります。

・電話帳名刺/会社名、名前、連絡先だけのシンプルなもの
・写真名刺/顔写真が印刷されているもの
・デザイン名刺/おしゃれなインパクトのあるもの

ちなみに、上記の名刺は何のためにそういうデザインになっているのでしょう?

・電話帳名刺/昔からある名刺。渡すだけの消耗品のような使い方。
・写真名刺/相手に覚えてもらう、親近感をもたせるため。
・デザイン名刺/デザイナーなら作品、オシャレさを演出するもの。

こんな使い方もありますが、あなたに1つ伝えたいことは

「名刺は100%のダイレクトメールである」と言うことです。

名刺は消耗品ではなく販促品。

初対面の人に初めて渡す営業ツールなのです。


では、仕事を増やすための名刺はどんなものがいいのか?

まずは、「何のために、誰に渡して、どうなりたいのか。」

これはかなり重要です。


何を注意して名刺を作ったらよいのか?

・あなたが何屋さんかを明確に。
・相手にどんなメリットを与えられるのか。
・出身地、趣味、経歴などプロフィールで人柄を伝える。
・仕事への想いを伝える。他社と何が違うのか。


仕事内容を明確にすることで、覚えてもらいやすく思い出してもらいやすい。メリットを伝えることで、仕事を依頼した時の結果イメージをさせる。共通点があれば会話もしやすく仲良くなりやすい。強みを伝え、信念を伝えることで信頼感が増す。


もし、初対面の人にチラシを渡されると「いきなり売り込み…。」とちょっとネガティブなイメージを持ちやすですが、名刺に同じことが書いてあれば「面白い名刺だな。何が書いてあるんだろう?」と興味の対象になります。

ちょっとした考え方の違いで営業効率も成約率も上がります。

あなたの名刺はどうですか?


line
iconiconiconicon

icon